子育て

【子連れ外食の救世主】キャリフリーチェアベルトで椅子がなくてもお座りできる!

チェアベルトアイキャッチ

「おとなしく座ってね。」が通用しない赤ちゃんと一緒に食事をするのは一苦労。

そんな赤ちゃんを座らせておくにはベビーチェアを使いますよね。

でも、ベビーチェアがお店に用意されているかどうか、あったとしても座れるものか実際にお店に行ってみるまで分からないことがほとんど。

ベビーチェアが使えないと大人がずっと抱っこしてなくちゃいけないから大変!赤ちゃん連れでも気軽にお店で食べたいな。

そんなとき活躍するのが『キャリフリーチェアベルト』!

チェアベルトは大人用の椅子はもちろん、ベルトのないベビーチェア大人の腰にも取り付けられるので、安心して赤ちゃんを座らせることができるようになる便利アイテム。

このチェアベルトを使った瞬間「もっと早く買っていれば…!!」と後悔しました。

1枚あると便利なチェアベルトは以下の方におすすめです。

  • 外食のとき赤ちゃんを座らせる場所に悩んでいる
  • 赤ちゃんを膝に座らせたとき、両手を自由に使いたい
  • ベビーチェアにベルトがないとき、ずり落ちないか心配
  • 行きたいお店にベビーチェアがあるか分からず悩んでいる
  • 旅行に持って行ける軽くてコンパクトなベビーチェアを探している

キャリフリーチェアベルトはいつから使える?

キャリフリーチェアベルト本体

対象月齢はいつからなのでしょうか?

公式サイトには

腰が座って~3歳

と記載されています。

一般的に、赤ちゃんの腰が座り始めるのが6ヶ月~7ヶ月頃。安定して1人で座れるようになるのは10ヶ月前後と言われています。

だいたい7~8ヶ月前後から使えるんだね。

ただ、赤ちゃんの成長は個人差が大きいので月齢で判断せず、子どもの様子(体格や活発さ)を見ながら安全に使える時期を迎えて使用するのがベストです。

うちの子は腰が完全に座る前からチェアベルトを使っていましたが、大人の膝の上で目を離さないようにしていました。

キャリフリーチェアベルトの詳細と使い方は?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Aimi☺︎(@junjun.831)がシェアした投稿

対象月齢腰がすわって~3歳くらい
価格1,900円(本体価格)
サイズタテ48×ヨコ50cm
胴回り~105cm、サポートベルト60cm~130cm(円周)
重量約105g
素材ポリエステル100%
原産国日本
洗濯可(ネットで洗濯)
カラー展開▶基本色:8色展開
(ブラック、レッド、ネイビー、イエロー、パープル、チャコールグレー、チェリーピンク、ターコイズ)
※他にもプリント柄など

チェアベルトの使い方は?

お手入れ方法は?

キャリフリーチェアベルト洗濯表示

子どもは食べ物や飲み物をこぼしてすぐに汚してしまいますよね。そこで気になるのがお手入れ方法。

キャリフリーチェアベルトは洗濯OK!自宅で洗うことができます。

洗濯表示では「40°Cまでの水で手洗いし、日陰で脱水せずに干す。」と書かれていますが、正直面倒くさい!

なので、私はネットに入れて他の洗濯物と一緒に洗ってしまっています。

今のところ特に問題はありませんが、バックルベルトが破損する可能性もあります。心配な方は手洗いでの洗濯がおすすめです。

キャリフリーチェアベルトの安全性は?


チェアベルトを使うときに一番気になるのが安全かどうか。

抜け落ちないか?椅子に取り付けた時に外れることがないか?

など、キャリフリーチェアベルトを安全に使うためのポイントについてチェックしていきましょう。

  • バックルベルトをきちんと留める
  • バックルベルトの破損はないか
  • ベルトが子どもの首や足に巻き付かないよう注意
  • 子どもの体型に合わせたサイドベルトの長さ調節
  • 子どもから目を離さない
  • 子どもの側を離れない
  • サポートベルトの長さを調節
  • 大人の膝上に座らせたまま立ち上がらない、移動しない、前かがみにならない

正しい使用方法を守って子どもから目を離さずに使うことが大切です。

子どもは予測がつかない動きをするので、ママの膝上に座っているときも注意しましょう。

キャリフリーチェアベルトから抜け出すことはある?

抜け出しを心配するママも。

せっかく購入したのに抜け出されたら危ないし、使えずにお蔵入りになるのはもったいないですよね。

肩ベルト付きのチェアベルトの詳細はコチラ

チェアベルトを使って暴れることはある?

慣れないチェアベルトに暴れてしまう子もいるようです。

暴れて泣き叫ばれたら疲れてしまいますよね。

あまりにも暴れるようなら落下や転倒の危険があるので、そのときはチェアベルトの使用は諦めましょう。

最初は嫌がって暴れていても、何回か使っているうちに慣れてくることがあります。

いきなり外食時に使うのではなく、自宅でチェアベルトをつけて練習すれば外でストレスなく使えるかもしれません。

抜け出し防止には肩ベルト付きのチェアベルトがオススメ

チェアベルトを使いたいけど、抜け出したら困るなぁ。
抜け出す可能性がある子は安全ベルト付きのチェアベルトがオススメ!

ベルトなしタイプと比べて価格が高くなりますが、子どもを座らせる内側部分に腰回りを留めるベルトが付いていて、急な立ち上がりを防いでくれます。

対象月齢腰がすわって~3歳くらい
価格3,200円(本体価格)
サイズポケッタブルサイズ:18cm×18cm
サポートベルトサイズ:約120cmまで
セーフティーベルト:64cmまで
重量170g
素材無地部分ポリエステル100% 柄部分 綿100%
原産国日本
洗濯可(ネットで洗濯)
カラー展開11色展開
(ブラック、ネイビー、オレンジ、レッド、その他プリント柄)
※他にもプリント柄など

抜け出しが不安な場合はこちらを1枚買っておけば間違いありません。

キャリフリーチェアベルトのデメリット3つ

デメリット

キャリフリーチェアベルトのデメリットは以下の3つ。

  1. チェアベルトを使えない椅子がある
  2. 子どもによっては使える期間が短い
  3. 耐用年数が3年程度

椅子の背もたれがチェアベルトのサポートベルトの調節幅よりも長いのはもちろん、短すぎても取り付けることができません。

1.チェアベルトを使えない椅子がある

キャリフリーチェアベルトは以下のイスでは使うことができません。

キャリフリーチェアベルトを取り付けられない椅子

  • 背もたれがない
  • 背もたれが下すぼみになっている
  • 背もたれが大きく空いている
  • ベルトを巻き付けることができない
  • 背もたれとひじあてが繋がっている

※引用元:日本エイテックス公式サイト

背もたれがない

言うまでもありませんが、背もたれがなければ取り付けることができません。

大人の膝の上に座らせて使いましょう。

背もたれが下すぼみになっている

どうして下すぼみの椅子はダメなの?

背もたれがあれば赤ちゃんを座らせても問題ないように思いますよね。

日本エイテックスさんに問い合わせてみました!

チェアベルトはサポートベルトを椅子の背もたれに取り付けてご使用いただきますが、下すぼみになっている椅子ですとサポートベルトが下にずれ落ちやすくなります。

ベルトが下にずれてしまうとお子様を十分に支えることができず、前のめりになりやすく危険なため、お勧めしておりません。

全面の生地がお腹を支えるような位置が正しい位置になりますで、ご参考になさってください。

回答メールより引用

サポートベルトが張っている状態で椅子に固定されている必要があるんですね。

背もたれが大きく空いている

意外とありがちな背もたれ部分に大きく隙間が空いているイス。

背中部分が空いているため、体の大きさのよってはお尻から落ちてしまう可能性があります。

ベルトを巻き付けることができない

言わずもがなですね。

赤ちゃんを支えることができません。

背もたれとひじあてが繋がっている

サポートベルトを取り付けることができず、落下の危険があります。

例えば、背もたれの幅が広いソファのようなイスです。

2.子どもによっては使える期間が短い

椅子に座る子ども

使う期間が短い子も。

対象月齢は3歳までですがイスに座って落ち着いて食事ができる子は早々とチェアベルトを卒業。

一番使用頻度が高い時期は、腰がすわる生後6ヶ月頃~立ち上がろうとしない1歳前後くらい。とはいえ、個人差が大きいので使える期間も人それぞれになります。

3.耐用年数が3年程度

カレンダーと時計

使用頻度にもよりますが、3年程度がキャリフリーチェアベルトを安全に使える年数のようです。

商品の取り扱い説明書には以下のように記載がしてありました。

素材や部材は十分に選別しておりますが、経年劣化はどうしても避けられません。使用頻度にもよりますが、使い始めてから約3年を耐用年数とお考え下さい。取扱説明書なしで第三者に譲ったり、貸した場合や、取扱説明書や注意事項を読まずに仕様された場合には賠償責任保険が適用されない事もありますのであらかじめご注意下さい。

※引用元:日本エイテックス公式サイト

安全に使うためにも説明書に書いてある通りに使いましょう。

キャリフリーチェアベルトのメリット5つ

メリット

キャリフリーチェアベルトのメリットは以下の5つ。

  • 外食で赤ちゃんを座らせる場所に悩まなくて済む
  • 膝の上に座らせたとき両手が自由に使える
  • 赤ちゃんが椅子から落ちる心配が激減
  • 軽くてコンパクトになるので携帯にも便利
  • カラーバリエーションが豊富

外食で子どもを座らせる場所に悩まなくて済む

チェアベルトがあれば、子どもと出かけたときに座らせる場所で悩まなくなります。

子どもに優しいお店が増えたとはいえ、ベビーチェアを置いていない店もまだまだたくさんありますよね。

膝の上に座らせたとき両手が自由に使える

子どもを膝の上に座らせること、多々ありますよね。

腰が座ったばかりの赤ちゃんだと体がグラグラしてしまい、片手は必ず支えておく必要があります。

書物をするときや食事をするとき、両手を使いたい場面でチェアベルトは役立ちます。

私は2人目の子どもにして初めてチェアベルトを使ってみたところ、両手でスムーズに食事ができるので外食のストレスが減りました。

子どもが椅子から落ちる心配が激減

子どもを座らせているときって「落ちたらどうしよう」と、ずっと頭に不安が付きまといませんか?

目を離したほんの一瞬や突然の予測がつかない動き…子どもは大人が想像もしないことをしてケガをします。しかも子どもは頭が重いので、落ちるときは真っ逆さま。とても危険です。

チェアベルトはそんな「落ちたらどうしよう」の不安を激減させ、心配事を1つ減らしてくれるんです。

ずっとどこかに不安がある状態はストレスがかかり、あらゆる行動を億劫にさせてしまいます。私が長い間感じていた「外出したいのに、なんとなく面倒くさい…。」そんなストレスを1枚のチェアベルトで解決することができました。

軽くてコンパクトになるので携帯に便利

チェアベルトは105g~170gで、とても軽いです。

重さを別のものに例えると、Lサイズのみかんやお手持ちのスマートフォンくらいの重さ。皆さんの中身が詰まった財布よりも確実に軽いはずです。

収納も折りたたむと手のひらに乗るサイズでコンパクト。

若干ベルトの折りたたみに手こずりますが、布部分でクルクルっと巻けば収まりやすいですよ。

マザーズバッグに入れても違和感なくいざという時に使えるので1枚入れていて損はないと思います。

カラーバリエーションが豊富

キャリフリーチェアベルトはカラーバリエーションが豊富。イエローやピンク、プリント柄など好きな柄を選べます。

選べる色は延べ10色を超えていて、お子さんに合った色を選べますね。

ちなみに私は値下がりしていたアカチャンホンポの限定カラー、ネイビー×ストライプ一択でした。

キャリフリーチェアベルトの偽物に注意!

注意

キャリフリーチェアベルトは偽物が出回っているので、特にネットで購入するときは注意が必要です。

ポイントは以下の5つ。

ここに注意

✅ ブランド名が変わっている

✅ タグのロゴが変わっている(※製品についているタグも正規品と異なる)

✅ 日本製の表記がない

✅ EIGHTEXのロゴがない

✅ 日本エイテックスの社名表示がない

作りが雑だったり、生地がペラペラ、ベルトが1本足りないなど…明らかに偽物と分かる物が多いのと、正規品に比べ安価で販売されているようです。

キャリフリーチェアベルトの口コミ

キャリフリーチェアベルトを使ったママ達の感想は?

まとめ:子どもと一緒のお外ご飯はキャリフリーチェアベルト1枚でストレスフリーに!

長い間悩んでいた、外食で子どもを座らせる場所。

お店によっては落下防止ベルトなしのハイタイプのベビーチェアだけしか置いていなくて、腰が座ったばかりの子どもには危なくて座らせることができませんでした。

ですが、チェアベルトが1枚あるだけで子どもとの外食が格段にラクになり、私はお出かけが純粋に楽しめるようになりました。

子どもと一緒の食事はどうしても手がかかり、一人で食べるとき以上に疲れたりストレスが溜まったりしてしまいます。

それが毎回続くと、せっかくの楽しいお出かけも行くのが憂鬱になってしまいますよね。

お出かけ時のストレスが1枚のチェアベルトで解消できるならコスパは高いと思います。

早めに買っておけば良かった育児グッズの1つ。お出かけの大変さに悩んでいる方に使ってみて欲しいです。

© 2021 ママLv.1