子育て

【正直レビュー】ピジョンランフィリノンを実際に使った感想&口コミは?ランフィとの違いも解説

2021年5月17日

この記事ではアカチャンホンポ限定モデルのRunfee Lino'n(ランフィリノン)を使って3年目の筆者が、ランフィリノンを使った正直な感想とメリット・デメリットを解説しています。

ピジョンのランフィリノンってどんなベビーカー?特徴は?
ランフィとの違いはなに?
ランフィじゃなくてランフィリノンを選ぶ理由があるの?

ベビーカーは平均価格5~6万以上はする、ベビーグッズの中でも高額な商品。

買ってみたら押しづらかった、小回りが効かずベビーカーを使うのが億劫など失敗はできるだけ避けたいですよね。

ランフィリノン使用者だからこそオススメしたいポイントを紹介しますね。

\すぐ分かる結論/

  • ハンドル角度の切り替えが可能、身長に合わせたハンドル高にできる
  • 夏冬も快適なリバーシブルで使えるシート

\ピジョン製品購入でナナコポイント10倍、対象商品2点同時購入で5%OFF

アカチャンホンポでランフィリノンを見てみる

関連記事→【A型ベビーカー】ピジョンnautR(ノートアール)の口コミを調査

クリックできる目次

Runfee Lino'n(ランフィリノン)の口コミ

さっそくランフィリノンの口コミを見ていきましょう。

悪い口コミ

まずは悪い口コミです。

悪い口コミをまとめるとこんな感じ。

  • 畳んでも大きい
  • 重い

ベビーカーの購入の決め手の1つである、大きさや重さ。

ランフィリノンの大きさや重さをデメリットと感じるママの口コミがありました。

片手で赤ちゃんを抱っこしながら、もう片方の手でベビーカーを持つ場面を考えると本体重量が5.8kgのランフィリノンは重く感じます。

畳んだときの状態もコンパクトさを求めるなら大きく感じたという口コミも少なからず見られました。

軽自動車のトランクだと入らないかも。

良い口コミ

良い口コミです。

良い口コミをまとめるとこんな感じ。

  • デザインがかわいい
  • 押しやすい
  • 段差を乗り越えやすい
  • 小回りがきく
  • たくさん荷物が入る
  • シングルタイヤで安定感がある
  • 持ち手の角度が変えられる
  • タイヤに足が当たらず歩ける

ランフィシリーズの特徴であるシングルタイヤで歩きやすい、押しやすい、段差が乗り越えやすいポイントをあげている口コミが多く見つかりました。

デザインも評価されていて、可愛さでランフィリノンに決定したという口コミも。

持ち手の角度が身長に合わせて変えられる点も、身長が高い人にとってはランフィリノンを選ぶ決め手になっていました。

\ピジョン製品購入でナナコポイント10倍、対象商品2点同時購入で5%OFF

アカチャンホンポでランフィリノンを見てみる

Runfee Lino'n(ランフィリノン)レビュー:イマイチな点

ランフィリノンを実際に使ったレビューをまずはイマイチだと思った10点を解説します。

  • 踏切を渡りづらい
  • 対面式:段差を乗り越えづらい
  • 対面式:ハンドルにブレが出やすい
  • 対面式:片手で走行しづらい
  • 対面式:車体を浮かせるステップが遠い
  • 畳んだ状態がやや不安定
  • 慣れるまで畳みにくく開きづらい
  • 窓の覆いがペラペラしてうっとうしい
  • 荷物が出し入れしづらい
  • ハンドルが低い
  • 慣れるまで座面の角度を変えづらい
細かくあげたら意外と多かった。(笑)

踏切を渡りづらい

シングルタイヤのランフィリノンは踏切を渡りづらいと感じました。

特に対面式が押しづらく、踏切を通るたびにタイヤが溝にハマらないように注意深くベビーカーを押す必要があります。

子どもの成長に合わせ、背面式にしたところ踏切でつまづくことが減少。

ハンドルからベビーカーまでの距離が遠く力が座面に伝わりにくい対面式に比べて、背面式は押す力が座面に伝わるから押しやすくなると考えられます。

対面式:段差を乗り越えづらい

段差を乗り越えやすいと言われているランフィリノン。

ところが、対面式ではあまり乗り越えやすさを感じられませんでした。

散歩に行ったときもちょっとした段差でも突っかかってしまい、歩きづらくストレスを感じました。

対面式:ハンドルにブレが出やすい

対面式はハンドルがブレやすく、押しづらいと感じることがあります。

理由は、対面式だとハンドルから座面までの距離が遠いから。

一番重さのある座面に力が伝わりにくいので、ハンドルにブレが出やすいと考えられます。

対面式:片手で走行しづらい

対面式は片手での走行は向いていません。

対面式は走行性が背面式に比べて劣ります。

直線を押すだけなら問題ありませんが、曲がったり段差を乗り越えたりするのに片手では難しいです。

対面式:車体を浮かせるステップが遠い

車体を浮かせるステップが遠く、サッと前輪を持ち上げられません。

足元を見ずにステップを探しても見つからず、あれ?どこだ?とやっているうちに見つかるような感覚。

サッと段差を乗り越えるためのステップなのに、いちいち確認するのは使い勝手が悪いと感じました。

畳んだ状態がやや不安定

畳んだ状態でベビーカーを直立させるのですが、不安定で倒れやすいです。

少し触れただけでも倒れてしまうこともあるので、玄関など狭い場所に置くときは煩わしく感じることもあります。

畳んだときの安定性を求めるなら、重心の低くなる2つ折りタイプのベビーカーが良いですよ。

慣れるまで畳みにくく開きづらい

片手でベビーカーを開いたり畳んだりすることができますが、慣れるまでは少しやりづらいと感じました。

ただ、数回使っていくうちにコツを覚えるので問題ないと思います。

たまにしか使わない祖母はベビーカーを使うたびに開閉を私に任せていました。

窓の覆いがペラペラしてうっとうしい

幌にある窓には覆いがあるのですが、強風時はペラペラして邪魔だなと感じました。

また、風が強くなくても窓を開けておきたくてもペラペラしてしまい開けておくことができません。

せめて窓を止めておくマジックテープなどが付いていれば便利なのに、と思いました。

荷物が出し入れしづらい

個人的に荷物カゴに物を出し入れしづらいと感じました。

かがまないと荷物を入れられないので、いちいちベビーカーを止めてカゴに入れる(というか押し込む)必要があります。

買ったものを歩きながらサッとカゴに入れてスマートにベビーカーを押したい人は煩わしさを感じるかもしれません。

私は買ったものをどんどんカゴに入れたいタイプなので、使いづらいです!

ハンドルが低い

身長166cmの筆者にはハンドルが少し低くて押しづらいです。

ランフィリノンはハンドルの角度を7段階に変えられるのですが、それでも低く感じました。

ハンドルの位置が高めのベビーカーを求める方はピジョンならnautR(ノートアール)なら条件を満たしますよ。

こちらの記事でnautR(ノートアール)の口コミを紹介していますので、参考にしてみてください。

こちらもCHECK

【A型ベビーカー】ピジョンnautR(ノートアール)の口コミを調査

慣れるまで座面の角度を変えづらい

慣れるまで座面の角度を変えづらく、かなり手こずりました。

座面うしろのヒモを締めて座面を起こします。

Runfee Lino'n(ランフィリノン)レビュー:良かった点

次はランフィリノンを使って良かった9点を解説します。

  • 背面式:段差に強く乗り越えやすい
  • 背面式:片手でも押しやすい
  • 背面式:小回りがきく
  • バギーボードを取り付けられる
  • デザインがかわいい&スタイリッシュ
  • 窓が2つあり確認しやすい
  • 幌で完全に座面を隠せる
  • 片手で持ち上げられる重さ
  • 対面式と背面式の切り替えが簡単

背面式:段差に強く乗り越えやすい

背面式は段差があっても押しやすく、乗り越えやすかったです。

ただし、赤ちゃんの重さによって乗り越えやすさが変わります。

生後まもない赤ちゃんは軽いのでベビーカーの安定感が心もとなく、少しの段差でも引っかかる印象でした。

赤ちゃんの体重が増えてくると、ベビーカーの安定感が増して段差の乗り越えやすくなっていきましたよ。

背面式:片手でも押しやすい

背面式にすると操作性がよくなるので、片手で押すのもラクラク。

ベビーカーを片手で押す場面ってある?
散歩のとき上の子と手をつないで、片手でベビーカーを押すことがあるよ。

片手でベビーカーを押す場面はそんなにありませんが、ランフィリノンは片手でもラクに押せますよ。

背面式:小回りがきく

通路の狭いスーパーやドラッグストアでもスイスイ進むことができます。

ランフィリノンはオート4輪のシングルタイヤなので、前輪が自由に動いてカーブが曲がりやすいんです。

120cm四方のマットの上で、はみ出すことなくクルクルと回ることができるくらい小回りがききますよ。

いくら小回りがきいてもカルディの店内は走れませんでした。(笑)

バギーボードを取り付けられる

個人的にメリットが大きかったのがバギーボードが取り付けられたところ。

バギーボードはベビーカーに後付するタイプの子どもが立って乗れるボード。

こちらもCHECK

バギーボードのアイキャッチ
【ベビーカー用ステップ】ラスカルのバギーボードを実際に使用したレビュー&口コミ

年子育児なので移動に困りましたが、バギーボードを取り付けられたのでラクに子ども2人と散歩に行ったりしています。

デザインがかわいい&スタイリッシュ

ランフィリノンのデザインは可愛い&スタイリッシュな点も気に入りました。

グリーンが好きな私は迷わずグリーンを選択。

その年のモデルによってカラーやデザインは変わりますが、どの年も欲しくなる柄が1つはある印象です。

外側だけでなく、幌の内側のデザインも凝っているカラーもあってベビーカー選びが楽しめました。

窓が2つあり確認しやすい

ランフィリノンは幌に大きめの窓が前後に2つあり、赤ちゃんの様子を確認しやすいです。

生後間もない赤ちゃんを連れて歩いていると、心配で何度も見てしまうんですよね。

確認しやすい窓があるので、赤ちゃんを連れての外出も安心感がありました。

幌で完全に座面を隠せる

幌が大きく、座面を完全に隠すことができます。

日よけはもちろん、赤ちゃんがベビーカーで寝てしまったときも幌で覆うことができるのでひと目が気になりません。

知らない人に突然赤ちゃんを触られたこともあるので、完全に座面を覆える幌で防げるといいですよ。

片手で持ち上げられる重さ

ランフィリノンは本体重量が5.8kgなので片手で持ち上げることができる重さ。

我が家は車にベビーカーを積み下ろしする頻度が高いのですが、女性でも片手でベビーカーを積むこともできています。

軽すぎて転倒しやすいわけでもないので、6kg前後のベビーカーを選んで良かったと思っています。

対面式と背面式の切り替えが簡単

ランフィリノンは対面式と背面式の切り替えが簡単にできます。

一度シート部分を持ち上げて切り替えるタイプのベビーカーもありますが、ランフィリノンならワンタッチで切り替えが可能。

背面式にしていたけど、赤ちゃんが泣き出したから対面式にしたい!などすぐに対応することができますよ。

サッと切り替えられて便利だし、赤ちゃんの様子を確認しやすくて安心できました!

Runfee Lino'n(ランフィリノン)の特徴を解説。Runfee(ランフィ)との違いは?

名前は似てるけど、ランフィとランフィリノンの違いってなに?
ランフィリノンはハンドルの角度を調節する機能とシートに違いがあるよ!

ランフィリノンの限定機能

  • 7段階調節可能なハンドル
  • リバーシブルシート

7段階調節可能なハンドル

7段階に角度を調節できるハンドルは使う人の身長に合わせることができて、背の高いパパでもラクに押すことができます。

また、ベビーカーを畳んだときにハンドルの角度を変えれば、本体の幅から飛び出すことなくコンパクトに収納できるところがメリット。

本体からハンドルが飛び出ていると体に当たって倒れたりするので、ハンドルの角度を変えて収納できると便利ですよね。

リバーシブルシート

ランフィリノンのシートはリバーシブルになっていて、季節を問わず快適にベビーカーに乗れるよう設計されています。

オモテの素材の特徴

  • オールシーズン使える素材
  • 汗を素早く吸収、発散
  • ドライな状態を保つ
  • 寒い時期は暖かさを保つ

ウラの素材の特徴

  • 秋冬むきのあったかシート
  • 湿気を吸収
  • 発熱機能がある
  • 静電気の発生を防ぐ
  • 消臭効果がある

裏表どちらもムレを防ぐ効果があり、汗っかきで体温調節が苦手な赤ちゃんにピッタリなシート構造をしています。

この2つの機能はランフィにはないので、値段と機能のバランスを見て選ぶようにしましょう。

Runfee Lino'n(ランフィリノン)を買うならどこ?価格は?

ランフィリノンの価格は?どこで買えるの?

Runfee Lino'n(ランフィリノン)の価格は?

ここで紹介する価格はアカチャンホンポ通販サイトを参考にした価格です。アカチャンホンポの実店舗での販売価格とは異なる場合があります。

 ランフィリノン5
(最新モデル)
ランフィリノン4
(前年モデル)
価格63,800円
(税込)
49,280円
(税込)

ランフィリノン4と5の価格の差は15,000円ほど。

正直、ほとんど性能は4と5では変わらないので前年モデルでも十分です。

幌のデザインが違いますが、強いこだわりがなければランフィリノン4を購入し、浮いた15,000円で他のベビーグッズを買うことをオススメします。

Runfee Lino'n(ランフィリノン)はどこで買える?

ランフィリノンはアカチャンホンポ限定モデルなので、アカチャンホンポでしか購入することができません。

西松屋やベビザらスで購入しようと思っても、販売していないので注意してくださいね。

\ピジョン製品購入でナナコポイント10倍、対象商品2点同時購入で5%OFF

アカチャンホンポでランフィリノンを見てみる

まとめ:Runfee Lino'n(ランフィリノン)は可愛くて使いやすい買って損はないベビーカー

Runfee Lino'n(ランフィリノン)の特徴、メリットをまとめます。

ランフィリノンの特徴&メリット

  • 段差に強く乗り越えやすい
  • 片手でも押しやすく、小回りがきく
  • デザインがかわいい&スタイリッシュ
  • 幌が大きい&窓が2つある
  • 片手で持ち上げられる重さ
  • 対面式と背面式の切り替えが簡単
  • 7段階調節可能なハンドル
  • リバーシブルシート

ランフィリノンを使っていて一番良かったのは、ハンドルの角度を変えられるところでした。

ハンドルを自分の思い通りの角度に変えられるってストレスフリー。

そしてシングルタイヤで小回りがきく点もランフィリノンを買ってよかったと感じました。

可愛くて使いやすいベビーカーを探しているなら、ランフィリノンがオススメです。

アカチャンホンポのネット通販で7月31日までに購入すると2点同時購入で5%OFFになるので、ベビーカーを検討しているなら今がチャンス!

\ピジョン製品購入でナナコポイント10倍、対象商品2点同時購入で5%OFF

アカチャンホンポでランフィリノンを見てみる

おすすめ記事一覧

-子育て