【口コミ】Astrum(アストラム)を使ってみた│RISU寝かしつけプロジェクター

当ページのリンクには広告が含まれているため、必要な情報を得ながら欲しい商品に直接アクセスすることができます。

こんな疑問に答えます。

Astrum(アストラム)は通信教育のRISU Japan が2024年3月29日に発売した寝かしつけプロジェクター。

算数や英語などのコンテンツが充実しており、就寝前に楽しみながら学習することができます。

4歳と5歳の子どもたちに見せたところ、とても反応がよく「まだ見たい!もっと見たい!」とコンテンツの内容に満足していました。

この記事ではアストラムを実際に使った感想のほか、メリット・デメリットや購入場所などを丁寧に解説しているので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

今回、RISU Japan様よりアストラムをお貸しいただいたので、徹底的にレビューしていきます。(レビュー内容に関してRISU Japan様から指示はいただいておりません)

\最大15%ポイントアップ!/
Amazon
目次

Astrum(アストラム)を実際に使ってみた

Astrum(アストラム)を実際に使ったのでレビューしていきます。

結論から言うと、アストラムはわが家では『知育しながらの寝かしつけ』には不向きでした。

知的好奇心の強い長女にはアストラムに収録されている勉強コンテンツが興味関心を高めてしまい、「もっと見る!もっと見る!」と寝る時間が遅くなってしまいました。

逆に、知識を吸収することに興味関心が低い次女はアストラムの内容は堅苦しいためやや退屈だったのか、すぐに就寝。(教科書を読むと眠くなる感じ)

寝るという観点では結果的に良かったものの、知育を同時にはできませんでした。

音読をしている女性の声はドリームスイッチよりもしっかりしている印象があり、眠気を誘いづらいと感じました。

本体とリモコン

本体
電源コードとリモコン

アストラムの本体は天体望遠鏡のような形をしています。

電池やバッテリー式ではなく、付属の電源コードに接続して使用。

本体と同じ色で統一されたリモコンはボタンが蓄光になっているため、暗い寝室の中でも迷うことなく操作できます。

USBメモリと電源コード差込口

USBメモリ
本体の裏に差し込む

アストラムで寝かしつけモード(知育コンテンツ)を利用するためにはUSBメモリが必要です。

本体の裏側に差し込んで使いましょう。

電源コードも裏側に差し込みます。

映像

映像はクリアでとても見やすいです。

画面は明るすぎず、寝かしつけを邪魔することもありません。

Astrum(アストラム)の口コミ

Astrum(アストラム)の口コミを調査しましたが、発売したばかりのため口コミはほとんど見つかりませんでした。

Amazonと楽天市場にレビューがあるので、参考にしてみてください。

⇒Amazonで口コミを読む

⇒楽天市場で口コミを読む

Astrum(アストラム)のデメリット

アストラムのデメリットは以下の4つです。

  • 動作音が気になる
  • コンテンツの再生時間がわからない
  • 童話などのお話がない
  • 価格が高い

順に解説します。

動作音が気になる

アストラムの電源を着けると『ブーン』というモーター音がします。

プロジェクターなので多少は仕方ありませんが、就寝前に静かな部屋で見ることを前提とするとやや音が気になる方もいそうです。

とくに敏感なお子さんは「この音なに?」と気になってしまう可能性があります。

コンテンツの再生時間がわからない

1つのコンテンツの所要時間が分からない点がやや不便。

「今日は30分経ったら寝るよ。だから、図鑑を◯つ見れるよ。」などの声掛けができず、子どもに『おしまい』の心構えをさせづらいです。

いきなり「もう寝る時間だよ!終わり!」と切ってしまうと癇癪を起こしがちな子どもには事前に終了時間を伝えたいため、コンテンツの再生時間が分からないのはデメリットだと感じました。

童話などのお話がない

知育に強く、『図鑑』や『数』などコンテンツが充実しているのですが、やはり『童話』などのお話系コンテンツがないのは物足りなさを感じました。

「寝かしつけに絵本を読んでいる家庭も多いのではないでしょうか。」

個人的にはクラシックの内容を減らして、お話系コンテンツを入れてほしかったです。

価格が高い

\最大15%ポイントアップ!/
Amazon

アストラムは価格が他の寝かしつけプロジェクターと比較すると2倍以上します。

おいそれと買える価格ではないため、「せっかく買ったのに子どもが全然見てくれなかったら…。」という不安は拭いきれません。

しかし、アストラムの良い点はAmazonプライムやディズニー+などの配信動画を見ることができる点。

万が一コンテンツ内容に子どもが興味を示さなくても、動画用プロジェクターとして活用できるので損することは少ないでしょう。

Astrum(アストラム)のメリット

アストラムのメリットは以下の5つです。

  • 画質が良い
  • 知育コンテンツが充実している
  • デザインがおしゃれ
  • 連続再生できる
  • 動画も見れるので長く使える

順に解説します。

画質が良い

アストラムは図鑑など視覚からの情報も重視しているコンテンツが含まれているためか、画質がクリア。

図鑑系コンテンツでは細部までしっかりと見ることができるため、子どもの知的好奇心などをしっかりと満たしてくれそうだと感じました。

また、画質の良いので動画を見る際にも不満なく視聴することができます。

知育コンテンツが充実している

えいごのうた
かず

アストラムは通信教育のRISU Japanから発売されていることもあり、知育コンテンツが充実しています。

科目コンテンツ内容
さんすうドミノをかぞえるよ

せいれつ

いろいろなかたち など
えいごどうぶつのなまえ

うみのいきもの

うちゅうのほし

きょうのてんきは? など
うたBINGO

Old MacDonald Had a Farm

The ABC Song

Mary Had a Little Lamb など
ずかんきょうりゅう

どうぶつ
はたらくくるま など
クラシックアラベスク
アヴェ・マリア

アイネ・クライネ・ナハトムジーク 
など

の5つに分かれており、この中にさらに15~20のコンテンツが含まれています。

100近いコンテンツが含まれているため、子どもは飽きずに楽しむことができるのではないでしょうか。

デザインがおしゃれ

アストラムはインテリアに馴染むおしゃれな設計。

写真では白っぽく見えますが、実物は薄いサーモンピンクのような色をしています。

いかにも『子ども用おもちゃ』という外観をしていないため、大人用のプロジェクターとして使う場合でも気にせず使うことができます。

「本体に入っている英字のロゴもおしゃれ。」

連続再生できる

コンテンツが終わるたびに「どれにしようかな?」と選ぶのは意外と面倒ですが、アストラムはコンテンツを連続再生できます。

『設定』から連続再生を選んでおけば、何度も選び直さなくても自動で再生し続けてくれます。

ただし、『さんすう』なら『さんすう』内でしか再生してくれないため、「さんすうの次はずかん…その次はうた…。」と見たいものがコロコロ変わる場合は、選び直す必要があります。

動画も見れるので長く使える

内容が良いとはいえ、49,800円もするのに使える期間が2~3年ではかなり高い買い物になってしまいますよね。

アストラム内のコンテンツに子どもが興味を失くしたあとも、動画用プロジェクターとして利用できるため長く使えます。

子どもが少し大きくなったら一緒にお気に入りの映画を寝室で見ることもでき、コミュニケーションも深めることができるのではないでしょうか。

Astrum(アストラム)の特徴と対象年齢

アストラムの特徴と対象年齢を解説します。

では、解説します。

特徴

アストラムの特徴は以下の4つ。

寝かしつけ時間が楽になる

動物や電車で子どもの興味を引き、アストラムが見たいと自分から寝室に行きたがるようになります。

アストラムは暗い部屋でないと見られないうえ、天井を向きながら見ることになるため、自然と寝る姿勢になる点も寝かしつけを楽にしてくれるポイントです。

見ているうちに眠くなる

アストラムは脳をリラックスさせ、オルゴール調の音楽と落ち着いたナレーションで心と体を癒やし、入眠に導いてくれます。

また、目が悪くなるかも…と心配になりますが、アストラムは眩しくない落ち着いた光の映像を採用しているので、目への刺激は少なく寝る前に映像を見ても安心です。

ぼんやりと「見る」「聞く」だけで知識が記憶に残る

寝る前にぼんやりと眺めているだけで、目と耳で英語や数、動物の名前などの情報を自然に覚えることができます。

睡眠時間は脳の情報を整理することに加えて、記憶を定着させる時間でもあるため、睡眠前に脳に情報を入れることで、記憶の定着率を上げる効果が期待できるでしょう。

臨場感あふれる映画鑑賞も楽しめる

アストラムはAndroid搭載プロジェクターでもあるため、寝室で映画鑑賞もできます。

スペックは以下のとおり。

  • 最大120インチ対応
  • 1080HD
  • ブルートゥース対応
  • 台形補正

子どもと一緒にアニメも見られるので家族全員で楽しめるのは嬉しいですよね。

対象年齢

アストラムの知育教材の対象年齢は1歳~6歳くらいです。

しかし、上記でも解説したように映画鑑賞(Youtube、Netflix、AmazonPrimeVideo、Disney+)もできるため、全年齢が対象と言っても過言ではないでしょう。

Amazonビデオなども見ることができるため、0歳向けの動画も流せますよ。

Astrum(アストラム)はどこで買える?価格は?

アストラムは実店舗での販売はなく、Amazonまたは楽天市場で購入できます。

価格は49,800円(税込)です。

\最大15%ポイントアップ!/
Amazon

Astrum(アストラム)が向いている人・向いていない人

アストラムの向き不向きをカンタンにまとめました。

向いている人不向きな人
しっかりと知育したい
キャラクターものは苦手
お話系は不要
キレイな画質が良い
長く使いたい
絵本が大好き
キャラクターものが好き
絵本を読みたくない
安価なプロジェクターを探している

アストラムは知育に特化しており、しっかりと英語や数字を覚えてほしい人に向いています。

長く使えるものの、初期費用が高いので安価なプロジェクターを探している人には向いていません。

\最大15%ポイントアップ!/
Amazon

Astrum(アストラム)のよくある疑問

アストラムのよくある疑問をまとめました。

プロジェクター本体は充電できますか?

内蔵バッテリーがないため、常に電源ケーブルを使う必要があります。 

使用時間の制限はありますか?

長時間使用すると本機およびUSBメモリが非常に高温になるため、周辺の温度や空調の調整を行いながら使うことをおすすめします。

Playストアからアプリをインストールしても大丈夫ですか?

プロジェクターに対応するコンテンツやアプリについて動作の保証や互換性については未検証です。

自己判断でアプリをインストールした結果、本体の動作に影響が出ても保証対象外となります。

部品を紛失した場合はどうすればいいですか?

部品のみの販売はしていません。お客様センターまで相談してください。

アストラムお問合せフォーム

使用時の注意点はなんですか?

保証対象については付属の保証書の内容を確認して下さい。

Astrum(アストラム)のレビューまとめ

アストラムは価格が49,800円と他社の寝かしつけプロジェクターと比べると高いものの、コンテンツの質や画質がよく、大人も楽しめるため長い期間使いたい方にはおすすめの商品。

子どもの寝かしつけ前にも良質な学習をさせられるため、知育に興味があるなら1歳頃の早い段階で購入すると長く使えて良いでしょう。

購入はAmazonまたは楽天市場のみなので、ご自身の使いやすい方から購入してくださいね。

\最大15%ポイントアップ!/
Amazon

すみれ

3児のママ(5歳&3歳&0歳)
このブログでは主に宅配離乳食&幼児食を実際に使い、レビューしています。中でもコープの離乳食はイチオシです。地域によってはお試しもできるので、ぜひ記事を参考にしてみてください。

目次