【エイデンアンドアネイのおくるみ】正規品は公式ショップで おくるみを買う

ベビーマッサージのオイルの選び方を解説!おすすめのオイルも紹介

この記事ではベビーマッサージに使うオイルの選び方と赤ちゃんにも使えるおすすめのオイルを紹介しています。

この記事のポイント

ベビーマッサージのオイルってどう選べばいいの?

肌の弱い子でも使えるマッサージオイルを知りたい

ベビーマッサージに使うオイルってどう選べばいいのか分からないですよね。

マッサージオイルにはリラクゼーション効果を高める他に、赤ちゃんの皮膚を守る役割があり重要です。

オイルを使うとマッサージをしたときの赤ちゃんの反応も違うんですよ。

肌が薄くて敏感な赤ちゃんでも安心して使えるマッサージオイルを紹介しているので、ぜひ最後まで読んで見てください。

レッスン料金や内容を見てみる

目次

ベビーマッサージオイルを選ぶポイント

ベビーマッサージに使えるオイルの選び方は?

ベビーマッサージで使うオイルを選ぶときのポイントはつぎの3点。

  • 「植物油」を選ぶ
  • 酸化しづらい処理をしてある
  • 無香料・無着色

「植物油」を選ぶ

ベビーマッサージに使われるオイルには植物から抽出した「植物油」と石油を精製して作った「鉱物油」の2種類がありますが、純度の高い植物油がおすすめです。

石油を精製して作られた「鉱物油」の代表はジョンソンベビーオイルですが、ベビーマッサージオイル用としては肌に馴染みすぎてやや使いづらいでしょう。

代表的な植物油

  • ホホバオイル
  • アーモンドオイル
  • アルガンオイル
  • オリーブオイル
  • セサミオイル

入手しやすいのはオリーブオイルですが、食用のオリーブオイルは精製度低く粘度高いため、赤ちゃんのマッサージで全身に使うにはおすすめできません。

アーモンドオイルやセサミオイルはアレルギーを起こす可能性もあるので、使用には注意が必要。

おすすめはホホバオイルで、肌なじみがよくマッサージに使いやすいのが特徴です。

不純物が多いので大手生活雑貨店のホホバオイルはベビーマッサージには不向き。

赤ちゃん肌用敏感肌用と表記されているオイルを選びましょう。

無添加・無香料・無着色のアラウベビーオイルを見る

酸化しづらい

オイルは光に当たったり、空気に触れると酸化し品質が低下します。

油の中に不純物が入っていると酸化しやすいので、精製された純度の高いオイルを使うことが大切です。

無香料・無着色

赤ちゃんは香りに敏感でママの匂いをかぎ分けられるとも言われています。

「香害」という言葉もあるように、香料の中には頭痛や喘息、アレルギーなどを引き起こしたりする物質もあるので、無香料のオイルが良いでしょう。

赤ちゃんに合ったマッサージオイルを選びましょう。

ベビーマッサージにオイルが必要な理由

なぜベビーマッサージにはオイルが必要なの?

一番は赤ちゃんの肌を摩擦から守るためです。

オイルが必要な理由

  • 赤ちゃんの肌を摩擦から守る
  • 肌を乾燥から守る
  • リラクゼーション効果を増す

皮膚が薄く敏感な赤ちゃんの肌は、マッサージによる摩擦ですぐに赤くなってしまうのでオイルを使用します。

人肌に温めたマッサージオイルは、肌の上でなめらかに伸びてママの手がスムーズに動かせるよ。

マッサージは裸になって行うので、赤ちゃんの肌を乾燥から守る役割も。

オイルのしっとりとしてなめらかな触り心地がマッサージのリラクゼーション効果を高めます。

オイルマッサージは大人でも気持ちいよね。

マッサージオイルを使うときの注意点

マッサージオイルを使うときはつぎの2点に注意して下さい。

注意点

  • 古いオイルは使わない
  • 必ずパッチテストを行う

デリケートな赤ちゃんの肌をトラブルから守りましょう。

古いオイルは使わない

オイルは日の当たる高温多湿な場所を避けて保存し、開封済みの古いオイルを赤ちゃんに使用するのは止めましょう。

どれくらいが古いって言うの?

商品にもよりますが、開封後1年以上使っていないものは避けたほうが安心です。

必ずパッチテストを行う

初めてのオイルを使うときは必ずパッチテストを行うようにしましょう。

パッチテストってなに?

初めて肌につけるものに対し、自分に合うかどうかを調べるテストです。

内ももや二の腕など皮膚の薄い部分にぬり、肌が塗ったものに対して反応するかどうかを判断します。

肌が赤くなってしまったり、かぶれたりしたら他のオイルを使うかオイル不使用でマッサージしよう。

ベビーマッサージ講師がオススメするオイル5選

ここで紹介する商品はどれも赤ちゃんのマッサージに適したオイル。

  • ロイヤルベビーマッサージPJオイル
  • アラウベビー ベビーオイル
  • アロベビー アンジュ マッサージオイル
  • ママベビー ベビーオイル
  • AMOMAベビーオイル

アラウベビー ベビーオイル

植物由来のオイルでありながら酸化しにくく、赤ちゃんの敏感な肌でも最後の一滴まで安心して使えるアラウベビーのオイル。

主な成分

  • マカデミア種子油
  • ホホバ種子油
  • メドウフォーム種子油
  • 植物性スクワラン

4つの植物由来の主成分は赤ちゃんの肌なじみとのびがよく、べたつかないのでマッサージに最適です。

詳細情報

内容量:100ml
定価 :2,750円(税込)

無添加・無香料・無着色のアラウベビーオイルを見る

ロイヤルベビーマッサージPJオイル

ロイヤルセラピスト協会がベビーマッサージのために開発。

酸化しやすい植物オイルに抗酸化作用の強いナノ化したプラチナを配合した高品質のベビーマッサージオイルです。

不純物を極限まで排除し、保存料・防腐剤を一切使用していないのでデリケートな赤ちゃんの肌に安心して使えます。

主な成分

  • ホホバ種子油

オイルの粘度をマッサージ用に調整してあるので、少量でも伸びがよく赤ちゃんの肌に負担をかけずにマッサージできます。

販売場所が限られているので、気になる方はお問い合わせまでご連絡いただければ、当ベビーマッサージスクールから発送致します。

詳細情報

内容量:150ml
定価 :5,000円(税込)

アロベビー アンジュ マッサージオイル

保湿力の高いマルーラオイルやホホバオイルを配合した伸びがよく、肌にすっとなじむアロベビーアンジュマッサージオイル。

主な成分

  • ひまわり種子油
  • ホホバ種子油
  • スクレロカリアビレア種子油

ラベンダー油・ローズマリー葉油が配合されていて香りも楽しめます。

詳細情報

内容量:80ml
定価 :2,640円(税込)

ママベビー ベビーオイル

¥990 (2022/05/06 09:48時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

スイートアーモンドオイル100%のママベビーベビーオイルは創業70年の製薬会社が開発したベビーオイル。

主な成分

  • スイートアーモンド油

赤ちゃんだけでなくママの保湿にも使えるのでコスパよし。

ママベビー楽天市場店でベビーオイルを見る

詳細情報

内容量:100ml
定価 :990円(税込)

AMOMAベビーオイル

AMOMAのベビーオイルは、米ぬかを原料とした100%植物性・無添加オイル。

主な成分

  • 米ぬか油

米ぬか臭さもなくサラッとした使い心地で保湿にも使えますよ。

詳細情報

内容量:160ml
定価 :1,999円(税込)

AMOMA楽天市場店でベビーオイルを見る

まとめ:ベビーマッサージオイルは赤ちゃんの肌を守り、リラクゼーション効果を高める

赤ちゃんの敏感な肌に使うベビーマッサージオイルは品質の高いものを選ぶのがポイント。

今回紹介したオイルはどれもベビーマッサージに使える赤ちゃん用のオイルで、添加物が極限まで減らされています。

赤ちゃんにおすすめのオイル

初めてのオイルを使う前には必ずパッチテストを行ってからマッサージしてくださいね。

どんなオイルを使おうか考えるのもベビーマッサージの楽しみの1つ。

赤ちゃんに合ったオイルを見つけてぜひマッサージを楽しんでくださいね。

レッスン料金や内容を見てみる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2歳と1歳のママ。仕事を辞めた後すぐに妊娠し、今は専業主婦。育児をしながらブログを書くことが趣味。今ハマっているのは刑事ドラマとおうち時間を楽しむこと。
【保有資格】管理栄養士、フードスペシャリスト、健康運動指導士、ベビーマッサージ

コメント

コメントする

目次
TOP
目次
閉じる